運転免許受験の相談はどこにすればいい?受験についての詳細確認

運転免許の取り方とは?どうしたら免許が取れるの?

>

運転免許の合宿

合宿の流れ

先行学科→第一段階→修了検定(実務)→仮免試験(学科)→仮免取得→第二段階→卒業検定→合格したら卒業→免許センターなどに行って、本免許の試験を受けて合格したら、免許取得!と言うのが一般的な流れです。
先行学科は、実務実習を行う前の基本的な運転についての知識を学びます。
また第一・第二段階は学科と実習の両方が行われ、基本的には自動車学校と変わらないような内容になります。
スケジュールについては、各教習所によってバラつきがありますが、ATで14~16日程度、MTで15~17日程度で卒業ができる為、すぐに免許を取りたい学生には向いています。
泊まり込みで集中的に行う為、短期間で免許が取得できる仕組みになっています。

メリット・デメリット

合宿の場合教習所の近くのホテルを借り、集団で実習や学科を受けます。
基本的には自動車学校に通うのと変わりはありませんが、自宅以外に寝泊まりするのが、合宿の最大の特徴です。
メリット/短期間で免許が取得できるのが最大のメリットです。
また長期休暇期間や年度末以外の閑散期と呼ばれる時期は、料金が比較的安くお財布にも優しいです。
デメリット/合宿の場合は集団生活がメインになる為、ほぼプライベート空間がありません。(料金の上乗せで個室に変更できる場合もあります。)
また合宿期間中は、自宅に帰る事ができないこと、スケジュールもズラす事ができないので、社会人には厳しい部分があります。
また教習所によっては、教習所の周辺に自宅がある人を受け入れない場合もあります。
申し込みをする際は特記事項に注意して申し込みましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る